【2021年5月の営業について】

 

皆さま、いつもミロクビールを御愛顧頂き、誠にありがとうございます。
5/12からの営業についてお知らせ致します。
下記の理由としてミロクブルワリーは変わらず

通常営業を続けて参ります。

1年前より、お客様に分散して頂く意図で独自に時短営業をこれまで続けて参りました。

(18時-24時➡︎14時-22時)
※昼麦酒の美味しさを広めたいということもあり🍺

4月の1回目、2回目共に時短要請が21時閉店ということで閉店時間が1時間しか変わらないので有れば、感染防止に繋がる意味合いが薄いとの判断で通常営業を選択しました。
その中で色々のご意見を頂戴いたしました。
「1時間時短して協力金が四万円貰えるなら営業した方がええんちゃうんか」
経営者として、スタッフの雇用を守る事、事業継続が第一なのは当然の考えであると理解しております。

正直なところ自分も時短に揺れた時はありました。
そんな時、何故かいつも心の中のトムソーヤが語りかけてくるのです。

「自分の中で正しいと思う道を歩め。」

トムソーヤの意見を踏まえて、一旦協力金の事は置いて今回の時短要請で本当に大切な事は何かを考えました。
一つは感染防止であるとのこと。
しっかりと対策を講じれば、1時間の時短では意味合いが少ない。
もう一つは協力金の無い飲食店に携わるサプライヤーさんのことです。

共存共栄の間柄にて今まで運営できております。
以上の事から通常営業が自分達が思う正しい道であるとの決断に至り、通常営業を続けて参りました。

4月からの飲食店への時短要請の結果として感染者が増えいるのは、夜のお酒だけが要因では無いのかも知れません。そんな中で飲食店に対してさらなる時短要請が下ることに

疑問は拭きれません。ちゃんとした理由があるのであれば、しっかりとしたご説明のもとに、強制力を高めてお達し頂ければ直ぐにでも従う所存でございます。

小学生のご家族には通常営業のお店には近づくなとのお達しが回っております。。
通常営業しても厳しい、時短営業、休業しても厳しい。皆様厳しいことに変わり無いと

思います。

晴れて麦酒を皆様と共に飲める日を希望にしっかりと感染対策を高じながら自分達の道を歩んで参りますので、今後ともミロクビールを宜しくお願い致します。